カメラ遊び

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG まとめ

はてなブックマークユーザー数

SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG 特徴

SIGMA_50mm_macro.jpg
  • マクロ倍率 等倍(1.0倍)
  • 安い(新品で 2万5千円ほどで買える)
  • そこそこ軽い(320g)
  • この価格では信じられないほど本格的にマクロが楽しめる
  • シンプル・すっきり(自然に癖なく写る)
  • SIGMA らしく解像度が高い(かっちり写る)、金属系を撮るとその威力を発揮する
  • 高コントラスト
  • f2.8(絞り開放)からきっちりカチっと写る
  • f5.6 〜 f18 が解像度が高い
  • MAXまで絞ると、絞り開放よりも解像感が悪くなる
  • スナップにも使えるが、本格的な風景撮り(絞って無限遠撮影)は良レンズに負ける、物撮りやポートレートに向いている
  • 色のりは SIGMA 70mm MACRO には劣る(70mm は SLDガラス)が、十分である
  • AF は遅くうるさい、迷うと一瞬固まる、最短撮影距離よりも近く焦点を合わせようとすると故障したかと思うような音がする、MF を使うべし(MFリングは使い易い)
  • 絞り羽根は7枚、ぼけは美しい
  • 近いものにフォーカスを合わせるほど、前玉パーツが前へ繰り出す
  • 逆光に極めて弱い(テクニックの見せどころ)
  • APS-Cサイズのカメラだと、75mm〜80mm相当の画角になる
  • フィルター径は 55mm
  • 最短撮影距離は 0.188m、フードが対象に当たりそうになるくらい寄れる


SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG Q&A

Q: 安いけど、写りも値段相応?
A: 風景撮りは期待してはいけない、これはマクロレンズ。しかし、小物 〜 人物 の撮影には恐ろしいほどの描写力。高解像で高コントラスト。値段を遥かに凌駕する絵を出す。マクロ用途であれば、買って間違いはない。

Q: フォーカスリミッタスイッチがよくわからない
A: フォーカス制限切換えスイッチである、ピントの移動範囲を決める。近接のみの場合と遠距離のみの場合にスイッチを「LIMIT」にし、無限遠から等倍まで全てのレンジで使いたい場合は「FULL」にする。マクロの AF は迷うことが多いので、迷う時間を小さくするために、焦点を合わせる範囲を狭めてあげることで、快適に AF できるようになる。



SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG への要望

  • フォーカスを静かで高速に
  • コーティングの改良(逆光の改善)
  • フードのネジ込みをバネ式へ




SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG の作例

  FLENZ





SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG のリンク



SIGMA 50mm F2.8 EX DG MACRO
SIGMA 50mm F2.8 EX DG MACRO

2万数千円で手に入る本格マクロレンズ。その描写力に思わず唸る。逆光に弱いという弱点があるが、とてもシャープかつ高コントラストな絵を出す、素晴らしいコストパフォーマンス。

twitterでつぶやく はてなブックマークに追加はてなブックマークユーザー数 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! Google Bookmarks

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://mt.bnikka.com/mt-tb.cgi/22

SIGMA の安価で等倍撮影可能な単焦点マクロレンズ SIGMA 50mm F2.8 EX DG MACRO の外観写真、使用レポート 続きを読む

SIGMA 50mm F2.8 EX DG MACRO のフレア作例 続きを読む

SIGMA の安価で等倍撮影可能な単焦点マクロレンズ SIGMA 50mm F2.8 EX DG MACRO の外観写真、使用レポート 続きを読む

コメントする

  • FeedBurner    RSS

Stock Photos

  • 写真素材 PIXTA
PICK トイカメラ
超小型トイデジタルカメラ PICK
薄さ8mm!コンパクトでUSBメモリにもなるトイデジカメ。この小ささで200万画素、動画も撮影可能。